<指揮者>

正指揮者:桑平 光彦

神戸商科大学を1970年に卒業(学部19回)。在学中はグリークラブでバリトンのパートリーダー活躍の傍ら地域のママさんコーラス、職域合唱団などを指導。大学卒業後は混声合唱団「デーモス・コール」に所属し活動すると共に同合唱団、セレスティーナ男声合唱団、混声合唱団KTO指揮者を歴任。 2013年7月よりコール淡水・神戸の正指揮者となる。その指揮のもと、同合唱団は2015年9月開催の全国シルバー合唱コンクール銀賞受賞以来3年連続入賞。2017年10月より男声合唱団シルバーボイス指揮者。

 

副指揮者:林 秀樹

神戸商科大学を1984年に卒業(学部34回)。在学中はグリークラブ第29代指揮者。卒業後は清原浩斗、松下耕、伊東恵司、雨森文也他多くの作曲家・指揮者の指導のもと研鑽を積む。企業で人権啓発推進を担当する傍ら高校時代からの合唱人の人的ネットワークを活かし、全国各地での様々なイベント、演奏会などで活動の幅を広げている。関西耕友会、20世紀の名曲を歌う会所属。三善晃先生の合唱作品を歌う会代表。2016年よりコール淡水・神戸の副指揮者。